INDEPENDENT × KEYZTALK

INDEPENDENT × KEYZTALK

SPECIAL INTERVIEW

新しいサウンドを突き詰めたい
KEYTALKのKEYWORD

昨年9月、12000人を動員した『横浜アリーナ ワンマンライブ 俺ら出会って10年目~ shall we dance?~』が大成功を収め、ノリに乗っているKEYTALKが「インディペンデント」とのコラボウオッチをリリースした。
彼らの音楽活動やコラボについて話を聞いた。

Q.1: 3月7日発売予定の最新アルバムについて教えてください。

この2年で武道館と横浜アリーナという大きい会場でのワンマンライブを経た僕らの最新形が詰め込まれております!
癖になるバンドサウンドと日本人心をくすぐるメロディを堪能してもらいたいです。

Q.2: ライブ活動で表現しようとしていることは、何ですか?

その時その時のフレッシュな気持ちを表現するよう心掛けております!!

Q.3: 今後の音楽の方向性や目標、挑戦したいことなどは?

KEYTALK節のメロディ感は今まで通り大事にしつつ、新しいサウンドを突き詰めていきたいです!!

Q.4: 時計のデザインでこだわったポイントや意識したことは?

KEYTALKオフィシャルロゴのスタイリッシュさとポップな配色の合わさり加減にこだわりました!

Q.5: 今回の時計のコラボ企画では、どんな点を意識されましたか?

高級感がありながらも、男女問わず気軽に身に着けられるようなカジュアルなデザインの時計にしたいなと思っていました。

KEYALKとは

2009年7月に小野武正(Gt.Cho.)、首藤義勝(Vo.Ba.)、寺中友将(Vo.Gt.)、八木優樹(Dr.Cho.)の4人で結成されたハイブリッドロックバンド。
KOGA RECORDSより2枚のミニアルバムと1枚のフルアルバムをリリース。2013年11月にGetting Better/ビクターよりシングル「コースター」にてメジャーデビュー。以後日本全国の様々な大型フェスに出演。2015年10月に日本武道館公演、2017年9月に横浜アリーナ単独公演を成功させた。2018年3月には5thフルアルバム「Rainbow」を発売し、4月からは全国24カ所におよぶワンマンライブツアーの開催が決まっている。

PAGE TOP
閉じる